A Meg by any other name

Yumiko Matsubara

研究成果: Comment/debate査読

抄録

In this issue of Blood, Thon and colleagues provide "a novel live-cell imaging assay" to assess megakaryocyte differentiation and proplatelet formation, and demonstrate that trastuzumab-DM1 (T-DM1), a new cancer drug combination, affects both megakaryopoiesis and thrombopoiesis.

本文言語English
ページ(範囲)1970-1971
ページ数2
ジャーナルBlood
120
10
DOI
出版ステータスPublished - 2012 9 6
外部発表はい

ASJC Scopus subject areas

  • 生化学
  • 免疫学
  • 血液学
  • 細胞生物学

フィンガープリント

「A Meg by any other name」の研究トピックを掘り下げます。これらがまとまってユニークなフィンガープリントを構成します。

引用スタイル