Invasive lobular carcinoma arising in phyllodes tumor of the breast [2]

Takahide Kodama, Kaori Kameyama, Makio Mukai, Hitoshi Sugiura, Tadashi Ikeda, Yasunori Okada

研究成果: Letter査読

19 被引用数 (Scopus)
本文言語English
ページ(範囲)614-616
ページ数3
ジャーナルVirchows Archiv
442
6
DOI
出版ステータスPublished - 2003 6月 1
外部発表はい

ASJC Scopus subject areas

  • 病理学および法医学
  • 分子生物学
  • 細胞生物学

引用スタイル