Oblongolide: Synthesis and absolute configuration

Tony K.M. Shing

研究成果: Article査読

7 被引用数 (Scopus)

抄録

The absolute configuration of oblongolide is shown to be (1) by an unambiguous synthesis from (+)-citronellol involving an intramolecular Diels-Alder reaction.

本文言語English
ページ(範囲)49-50
ページ数2
ジャーナルJournal of the Chemical Society - Series Chemical Communications
DOI
出版ステータスPublished - 1986 1月 1

ASJC Scopus subject areas

  • 分子医療

フィンガープリント

「Oblongolide: Synthesis and absolute configuration」の研究トピックを掘り下げます。これらがまとまってユニークなフィンガープリントを構成します。

引用スタイル