On the pagenumber of complete bipartite graphs

Hikoe Enomoto, Tomoki Nakamigawa, Katsuhiro Ota

研究成果: Article査読

35 被引用数 (Scopus)

抄録

The pagenumberp(G) of a graphGis defined as the smallestnsuch thatGcan be embedded in a book withnpages. We give an upper bound for the page-number of the complete bipartite graphKm,n. Among other things, we provep(Kn,n)≤⌊2n/3⌋+1 andp(K⌊n2/4⌋,n)≤n-1. We also give an asymptotic result: min{m:p(Km,n)=n}=n2/4+O(n7/4).

本文言語English
ページ(範囲)111-120
ページ数10
ジャーナルJournal of Combinatorial Theory. Series B
71
1
DOI
出版ステータスPublished - 1997 9月

ASJC Scopus subject areas

  • 理論的コンピュータサイエンス
  • 離散数学と組合せ数学
  • 計算理論と計算数学

フィンガープリント

「On the pagenumber of complete bipartite graphs」の研究トピックを掘り下げます。これらがまとまってユニークなフィンガープリントを構成します。

引用スタイル