The breakpoints of the EEC syndrome (ectrodactyly, ectodermal dysplasia and cleft lip/palate) confirmed to 7q11.21 and 9p12 by fluorescence in situ hybridization

Yoshimitsu Fukushima, Tomonobu Hasegawa

研究成果: Letter査読

19 被引用数 (Scopus)

抄録

Clin Genet 1993: 44: 50. © Munksgaard, 1993

本文言語English
ページ(範囲)50
ページ数1
ジャーナルClinical Genetics
44
1
DOI
出版ステータスPublished - 1993 7月
外部発表はい

ASJC Scopus subject areas

  • 遺伝学
  • 遺伝学(臨床)

フィンガープリント

「The breakpoints of the EEC syndrome (ectrodactyly, ectodermal dysplasia and cleft lip/palate) confirmed to 7q11.21 and 9p12 by fluorescence in situ hybridization」の研究トピックを掘り下げます。これらがまとまってユニークなフィンガープリントを構成します。

引用スタイル