The first synthesis of both enantiomers of [α-2H]phenylacetic acid in high enantiomeric excess

K. Matoishi, S. Hanzawa, H. Kakidani, M. Suzuki, T. Sugai, H. Ohta

研究成果: Article査読

16 被引用数 (Scopus)

抄録

Arylmalonate decarboxylase (EC. 4. 1. 1. 76) catalysed decarboxylation followed by enantioface-differentiating protonation of [α-2H]- and [α-1H]phenylmalonic acid in 1H2O and 2H2O respectively, gave highly enantiomerically enriched (R)- and (S)-[α-2H]phenylacetic acid in quantitative yields.

本文言語English
ページ(範囲)1519-1520
ページ数2
ジャーナルChemical Communications
16
DOI
出版ステータスPublished - 2000 8月 21

ASJC Scopus subject areas

  • 触媒
  • 電子材料、光学材料、および磁性材料
  • セラミックおよび複合材料
  • 化学 (全般)
  • 表面、皮膜および薄膜
  • 金属および合金
  • 材料化学

フィンガープリント

「The first synthesis of both enantiomers of [α-2H]phenylacetic acid in high enantiomeric excess」の研究トピックを掘り下げます。これらがまとまってユニークなフィンガープリントを構成します。

引用スタイル