Wide range Q-factor control in a photonic crystal nanobeam cavity incorporating quantum dots

Ryuichi Ohta, Yasutomo Ota, Naoto Kumagai, Satomi Ishida, Satoshi Iwamoto, Yasuhiko Arakawa

研究成果: Conference contribution

抄録

We develop a Q-factor controllable photonic crystal nanobeam cavity incorporating quantum dots. Wide Q-factor control from 3,500 to 14,000 is demonstrated by means of MEMS, supplying bias from 0 to 18 V.

本文言語English
ホスト出版物のタイトルCLEO
ホスト出版物のサブタイトルScience and Innovations, CLEO_SI 2013
ページCM4F.4
出版ステータスPublished - 2013
外部発表はい
イベントCLEO: Science and Innovations, CLEO_SI 2013 - San Jose, CA, United States
継続期間: 2013 6 92013 6 14

出版物シリーズ

名前CLEO: Science and Innovations, CLEO_SI 2013

Other

OtherCLEO: Science and Innovations, CLEO_SI 2013
国/地域United States
CitySan Jose, CA
Period13/6/913/6/14

ASJC Scopus subject areas

  • コンピュータ ネットワークおよび通信
  • 電子工学および電気工学
  • 電子材料、光学材料、および磁性材料
  • 原子分子物理学および光学

フィンガープリント

「Wide range Q-factor control in a photonic crystal nanobeam cavity incorporating quantum dots」の研究トピックを掘り下げます。これらがまとまってユニークなフィンガープリントを構成します。

引用スタイル